• « 2017·10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Categorieスポンサー広告  - - TOP

2009’03.07・Sat

選ぶだけだから、やってみて?


              自由意志実験


   「自分の意思で」どちらかひとつの丸を選んでください。




         ○                 ○


           


              できましたか?



では、ひとつ質問をさせてください。

           『なぜそちらを選んだんですか?』



「なんでって、なんとなく。」
なんとなく、ということは、どこからかその考えが湧き上がってきたという事ですね。
それならば、あなたはその「沸きあがってきた考え」に従っただけであって
自分の意思で決めたことにはならないんじゃないですか?
やり直してください。


「従うか従わないか自分で決めた結果、従った」
そうですか、では、なぜ従うことにしたのですか。
なんとなく従うことにしたんじゃないですか。
なんとなくが存在する限り、それは自由意志ではありませんよね?
やり直してください。


「自分は右利きだから、右を選んだのよ」
右利きだから。
そんな明確な理由があり、それに従うのなら選びようがないじゃないですか。
左利きなら左を、右利きなら右を選ぶことになり、あなたの意思は介入していません。
やり直してください。


「僕は右を愛しているから右を選んだのさ」
あなたが右を愛していようといるまいと、
理由があるなら意思はありません。
やり直してください。


「なんとなくったらなんとなくだよ!!」
どんなに恐喝されようと、
理由が無いなら意思はありません。
やり直してください。


「じゃあどうしろってんだ!」
自由意志で丸を選んでください。
やり直してください。








この考え方面白い(´∀`)
この理論を覆せる人、コメントしてくださったらもっと面白いです。
スポンサーサイト

Categorie哲学・科学  トラックバック(0) コメント(0) TOP
Genre日記 Themeひとりごとのようなもの

2009’01.19・Mon

爆弾だった。


きっと、大きな湖に爆弾を投下したんだ。

音も立てずに墜ちてきて
水面より100mくらい上で爆発した。

刹那、閃光。

なかなか消えない光を追うように
水飛沫と粉塵が舞い上がる。
もっと高くもっと広くと動くけれど
遠くで見ている私には
それがとても緩やかに見える。

湧き出るような白の中からは
深紅とオレンジの熱が
不気味なほど美しく、輝いて在って
白はやさしくそれを反射する。
綺麗だ。

白と赤の下はくすんだ赤色。
退廃と、戦場と、置き去りの色。
多分誰もが閃光と輝きに目を奪われるから
あんまり目立たないのは現実と一緒だ。
でも、
その明と暗のコントラストがまた、綺麗だ。

きっと大きな湖に爆弾を投下したんだ。


そんな夕日を
校舎の窓からずっと眺めていられる午後があった。

Categorie哲学・科学  トラックバック(0) コメント(0) TOP
Genre小説・文学 Theme物書きのひとりごと

2009’01.18・Sun

嗚呼、私は。


きっと過去に生きてる人間なんだ。

未来を見る人間と、背中合わせで生きているんだ。

そう思わざるを得ないのは

過去ばかり見ているから。

過去が嫌いだ。

こんな風にできたのに、ああすれば良かったのに、
あんな感じだったら違ったろうに。

過去が好きだ。

あの言葉は素敵だったな、ああしてもらえたな、
こうできたから今があるんだな。

いつも過去ばかり見ている私は

きっと進行方向に背を向けているんだ。

後ろ向きで歩いているから、

つまづくまで小石に気付かない。

過去ばかり見ているから、

何人の人とぶつかる道なのか
どこが曲がり角なのか
その先に何があるのか

何にも分からないんだ。


過去を経て人は成長するんだって。

だれかはそう言っていたし、

私もそうは思うけれど。



未来だけを視る人間と。

過去だけを観る人間と。

どちらが正常なのか

どちらが良いのか

私には判断がつかない。


でも私は過去を生きる。

過去を生きてる。

私は今に居るのに、心は常に過去に在る。


私は

過去を振り返る。

きみを、あなたを、あんたを、おまえを、わたしを想って

過去を観る。


Categorie哲学・科学  トラックバック(0) コメント(0) TOP
Genre日記 Themeひとりごとのようなもの

2008’12.01・Mon

進むこと


    進行方向に背を向けて
                     私は進む

前へ前へと通り過ぎる風景は
            私を取り残すように進む

    同じように進んでいるのなら

果たしてどちらが
         置き去りにされているのだろうか

   切り取られた時間
                        忘れ物の手紙


       この世界には
          どちらとも付かない問いが多すぎた



いつの時間かも分からないまま
                    誰宛の手紙かも分からないまま
ただその時を過ごし 生き 逝き
                    内ポケットにそっと忍ばせる

  置いていっているのか
                 置いていかれているのかも

        誰も知らないままで

      


          そうしている

Categorie哲学・科学  トラックバック(0) コメント(0) TOP
Genre小説・文学 Theme物書きのひとりごと

2008’02.28・Thu

どんどん高く もっと高く

プラスなのかマイナスなのか良く分からないテンションで書かれています。
ご注意くださいーww笑



今日は3月3日に行われる、3年お別れ会のリハーサルがありました。
みんなで出し物をしたり、ゲームをしたりして遊ぶのですが、
その出し物をしてくれる人たちがすごかったんです!

ダンス、歌、劇。
まだ完成していないところもありましたが、
みんな楽しそうに、自分に自信を持った顔でやっていたんです。

ダンスはとても可愛かったし、歌は本当に上手でびっくりしました。
劇はまだできていないから、といって見ることができなかったけど、
あの人たちならきっと、すごく面白い劇ができるんじゃないかな。
みんな本当に輝いていて、ホント、羨ましいなぁと思いました。
ステージの上に立って発表するなんて、自分に自信が無きゃできない事でしょう?
だから、やるって言ってくれた人たちを本当に尊敬しています。
(あぁっ、決してやらない人がだめと言うことではないのでっ…;;;
私自身出し物やらないわけだしね、ええ←)

私も、ああして皆の前で発表して、それで輝く笑顔ができるような
自分にできること、自慢できること、見つけたいな。


・・・。
マジで独り言だったな笑

Categorie哲学・科学  トラックバック(0) コメント(3) TOP
Genre日記 Theme独り言

 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。